協会のご紹介Introduction

ご挨拶

戦後、高度経済成長の一方、日常生活においては化学物質に対する安全性、環境汚染等の問題が社会問題として顕在化してきました。これらの問題を強く意識し、政府諸機関のご指導、ご協力を得ながら化粧品原料業者としてお客様への奉仕と世上の要請にお応えすべく、1974年(昭和49年)6月に"粧原懇話会"が創立されました。

その後、昭和から平成に変わった1989年(平成元年)、粧原懇話会は"化粧品原料協会"と名を改め新たなスタートを切り今日に至りました。現在、当協会は我が国に事業所のある海外企業も含め化粧品原料の販売並びに製造を行う企業、約150社からなる団体で、事務局を首都圏に置いております。

今後は、更に国際化が進む中にあって海外との交流も活発化させ、政府機関のご協力を得ながら化粧品業界に貢献して参ります。

化粧品原料協会  会長 池田 隆彦

沿革

1974年6月 ”粧原懇話会”として創立。第1回総会を開催し、(株)マツモト交商社長 松本伊兵衛(先代)を幹事長に選出。
1984年6月 創立10周年を記念して記念誌「粧原懇話会10年のあゆみ」発行。
1989年6月 第16回総会にて名称を”化粧品原料協会”(Japan Cosmetic Materials Association)と改称、(株)伊那貿易商会社長 矢澤仙蔵を幹事長改め会長に選出。
同年 創立15周年記念誌「粧原懇話会15年のあゆみ」発行。
1994年6月 第21回総会にて木村産業(株)社長 木村幸一を会長に選出。
1997年10月 池田物産(株)社長 池田信彦を会長とする。
2002年 6月 第29回総会にて(株)マツモト交商社長 松本伊兵衛を会長に選出。
2003年 1月 英文名称をJCSA(Japan Cosmetic Suppliers Association)に改める。
2004年 5月 創立30周年記念誌「化粧品原料協会30年のあゆみ」発行。
2008年 5月 第35回総会にて日光ケミカルズ株式会社社長 関根茂を会長に選出。
2011年 5月 化粧品産業技術展(CITE Japan)を日本化粧品原料協会連合会(化粧品原料協会・近畿化粧品原料協会)として主催。
2014年 5月 第41回総会にて木村産業(株) 社長木村貞勝を会長に選出。
2020年 6月 第47回総会にて池田物産(株) 社長 池田隆彦を会長に選出。

組織